歯は抜かないにこしたことはありません。たとえ乳歯であっても、永久歯が生えるまでは歯並びやかみ合せのために抜かない方がよいのです。しかし、抜歯をしなければならない原因はたくさんあります。たとえば、むし歯、歯周病、歯のかみ合わせ、歯のひび割れ、痛む親知らず、入れ歯など…。何よりも日頃の歯の手入れと予防が大切です。
現在、厚生労働省と日本歯科医師会では8020(ハチマルニイマル)運動をというキャンペーンを展開しています。これは「80歳になっても、自分の歯を20本保つ」という働きかけです。しかし統計によると80歳の平均残存歯数は、わずか8.2本。日本人の平均寿命はずいぶん延びましたが、歯の寿命はほとんど延びず、60歳では半分以上の歯を失っているという結果になっています。
定期的に歯の健診を受けて歯を失う原因を早期に発見し、早期に治療を受けるように心がけるようにしましょう。