入れ歯には、歯が一本もなくなった時に入れる「総入れ歯」と、数本残っている時に入れる「部分入れ歯」があります。
当院の「総入れ歯」は、保険診療ではすべてプラスチックの材質を使います。安価ですが異物感が大きく、歯が摩耗しやすいのが難点です。自由診療では金属を使うことにより、異物感が少なくなり、熱伝導や発音、かみ心地もよくなります。
一方「部分入れ歯」は、保険診療ではプラスチックを主体に、材質、製作法に制限が設けられています。そのため、異物感や、残りの歯に負担をかけやすくなりがちです。自由診療では、基本的に金・チタンなどの金属を使用し、より小さくコンパクトに作ることができます。また、バネが見えるのを気にされる方には、磁石やアタッチメントなどの装置を使って、審美的な入れ歯を作ることもできます。