歯の表面につくプラーク(歯垢)は細菌の塊で、唾液を酸性に変えてしまう性質を持っています。むし歯は、このプラークがつくり出す酸によって歯が溶かされる病気です。歯はエナメル質や象牙質などの硬い組織でできていて、中には神経や血管が通っています。むし歯になるとこれらの組織が溶け、ものを食べるとしみる、あるいはズキズキ痛むなどの症状を伴います。
程度によりフッ素の塗布や歯みがきなどで回復することもありますが、象牙質まで進行してしまった場合は自然治癒することはありません。初期の治療方法は、むし歯部分を削り取りプラスチックや金属をつめていきます。

むし歯のリスクは個人により異なります。その原因をきちんと理解して正しい予防を行い、一生自分の歯で生活していきたいものです。進行が進むほど治療期間が長引き費用もかかりますので、治療後も定期的に検診を受けて、健康で丈夫な歯を保ちましょう。